DHA・EPAがアレルギーに効果的といわれる理由

主にお魚に多く含まれているDHAとEPAには様々な健康効果がありますが、アレルギーに対しても効果を発揮します。

 

 

近年アレルギー患者が急増している理由として『油』が挙げられますが、動物性脂肪酸やリノール脂肪酸などを多く摂取してしまう食生活が原因と言われています。

 

アレルギーの原因であるヒスタミンなどは脂肪酸から作られるので、脂分が多い食事を摂り続ける事によってアレルギーが引き起こされてしまうのです。

 

DHA・EPA アレルギー

 

 

一方、同じ油でもDHAやEPAは『不飽和脂肪酸』と呼ばれており、脳の活性化やコレステロール減少に役立つ『健康油』としても知られています。

 

また、これらの油にはアレルギー原因を抑制する働きがあるので、一般的な油と違って摂取しても健康被害が起きにくいのが特徴なのです。

 

 

アレルギーの原因物質を作る脂肪酸、これらが体内に多く入り込むとヒスタミンなどを誘発し症状を引き起こしますが、DHAやEPAはそれらの脂肪酸の働きを抑制し、体内の脂肪酸バランスを理想の形へと導いてくれるのです。

DHA・EPAがアトピーに効果的といわれる理由って何?

アトピーは遺伝だけでなく、生活習慣も大きく関わってくる症状の一つです。

 

もともとアトピーになりやすいだけでなく、日ごろの食生活や生活習慣、睡眠不足なども重なって症状が悪化してしまう事も分かっているのです。

 

 

特に近年、食の欧米化によりファーストフード店などが増え、肉類や糖類の多い食生活になってから、アトピー患者が爆発的に増えている傾向にあります。

 

摂取する動物性脂肪が多くなると体内の脂質代謝バランスが崩れてしまい、アレルギー反応を起こしやすくなってしまいます。これによってアトピーが発症してしまう訳なのですね。

 

肉類中心、外食やファーストフードでの食事が多くなると摂取する動物性脂肪も多くなるので、結果的にアトピーになりやすい体質へと変化してしまうのです。

 

 

一方、同じ油でもお魚に多く含まれているというDHAやEPAは、動物性脂肪である『飽和脂肪酸』とは反対の『不飽和脂肪酸』と呼ばれています。

 

不飽和脂肪酸は血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きを持っており、健康にとても良い油としても知られています。

 

 

また、DHAやEPAには炎症やアレルギーの原因となる物質の働きや生成を抑制する作用があります。

 

更に炎症を鎮静させる効果が高いビオチンの働きも高めてくれるので、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和させる効果も高いと言われているのです。

 

その他にEPAは肌を強くする作用もあるため、アトピー治療の一環としてDHAやEPAなどのサプリメントを取り入れる人も多いです。これらの効果により、DHAやEPAはアトピーに対してとても効果が高く、健康維持において進められている成分なのです。

 

dha epa サプリ比較